事例6/光と風が通る住まい

事例6/光と風の通る住まい

【ポイント】

1.工夫満載な対面キッチン

2.開放的ダイニング

3.家の構造体を現しにした味わいある空間

【物件概要】
用 途:住宅本宅

築年数:約築70年

構 造:木造日本家屋2階建て

工事延べ面 積:約180㎡

工事期間:約3.5ヶ月

※総費用につきましては、ご家族様のプライバシーを配慮して公開を控えさせて頂いております。

【ご家族様Story】

広島県の家族様からのご依頼。

ご依頼くださったご家族様のご親族の中に現在お亡くなりではありますが、一級建築士の方がおられたとのことで、「一級建築士」というお仕事にとてもご理解頂き、ご用命くださいました。ご連絡下さった当初は、増築?離れを建てる?建て替え?と、色々な方向性を試案されておられました。髙橋美恵子は、①現状把握②登記事項を確認③建築基準法上の確認④ご予算⑤これからの住まいの使い方⑥住まいへの想いを、聞かせて頂いた結果、リフォームにて同意頂き完成致しました。

 

【ご家族様のお困りごと】

キッチンが寒い・暗い。浴室が寒い。子供部屋が無い。とにかく寒い。収納が深くて活用しにくい。

 

【ご家族様が達成したかった事】

1.明るい対面キッチン

2.家自体を活かし梁を見せたい

3.子供部屋を作りたい

4.外からの視界をカットしたい

5.気密断熱アップ。

6.スタイリッシュ

7.腕の良い大工さんに工事お願いしたい

よって、髙橋美恵子とご家族様が相談して出来上がった内容とは?

工夫①対面キッチンをご希望。しかし、小スペースなキッチン部分。小スペースだから無理。と、諦めるのでは無くて「L字のキッチン」をご提案。上手にコーナースペースも活用。よって、短所を長所に切り替え、動線最短で作業時短対面キッチンへ大変身。かつ、お子さん達の水筒を置くスペース・ご趣味の梅を漬ける瓶を並べるスペース等、的確に収納スペースの寸法取りを行いました。また、重たい物を持ち上げる事無く収納出来るよう設計。特に、重たい物を持つ事が難しい女性へが、家事炊事において、「安心・安全・快適」であるように工夫を行いました。

工夫②元々、ダイニングキッチンが暗い・寒い・光が入らない状況であった為、既存の天井を落とし、解放感ある勾配天井に!よって、東面より朝陽が差し込むダイニングが完成。解放感ある空間には天井プロペラファンも取付け。夏はこのプロペラファンを回すと、空気も流れるのです。見た目にもオシャレで大満足頂きました。

工夫③1階の和室2部屋+仏間を、温もりのある「木空間」へ大変身。仏壇は今まで通りですが、木の空間に仏壇がとても馴染んでいて、ご家族様大満足の空間に完成。

工夫④奥深くて使いずらかった収納は、適切な奥行に設計。収納する物を事前に検討行う事で無駄なく快適に変身しました。

工夫⑤既存の玄関の細工はそのままに、京都を思わせるカッコイイ現代和風の玄関に変身しました。

工夫⑥2階の和室2部屋続き間は、それぞれの子供部屋へ、収納たっぷり。天井は勾配天井で、家族が集まるお気に入り空間へ大変身。

【結果】

増築・建て替え・離れ新築、等、当初は色んな検討案が出ましたが、建て替えは、一見、お安く感じますが、解体費用・確認申請・登記・地盤調査・地盤補強等、目に見えない経費が数百万円余分にかかってしまいます。こちらのお宅は、家自体、とても立派な材料にて造られておられました。この、おもむきを残しつつ、現在の暮らしの必要性を組み込む事が出来たら。。。と、ご相談させて頂きました。建築資材として奈良県産の吉野杉をふんだんに使用。木の香りが漂う癒しの住まいが完成。

その他、遊び心も加えた工夫も。。。行いました。その工夫は、わが社にご依頼くださったご家族様へお伝えさせて頂きますね。

 

暮らすほどに喜びが増す、実感出来る、細やかで便利な提案が、髙橋美恵子の設計の特徴です。

 

では、完成画像&工事中の様子を画像にてご覧ください。