第6章:ほかにもいろいろ、お客様とのエピソード集

高橋美恵子の日常・地元応援投稿

=========

6)ほかにもいろいろ、お客さまとのエピソード集

=========

 

新築の家を建てられたお客さま。

長年住んだ古い家を解体日に、こんなことがありました。

 

解体現場に一通の古い手紙が、ぽつんと落ちていたのです。

 

解体業者さんがあわただしく作業をしながら、私に

「このゴミ、捨てていいですよね」と言ってこられました。

 

「ちょっと待って」

私は、業者さんを止めました。

 

「なにか特別な事情があって

大切に今までとっておいた大切な手紙かもしれません。

ゴミだと決めつけないで、お客さんに聞いてみましょう」

 

お客さまにうかがってみると、それは確かに

大切な方から届いた思い出の手紙でした。

ご家族の方は、

「拾ってくれて、ありがとうございました」

と何度もお礼を言って、

古びた封筒を大事そうにかばんにしまわれたのです。

 

私は、決めつけたり、ジャッジしたりすることはしません。

それがゴミか、ゴミじゃないか。

大事なのか、大事じゃないのか。

それを私の基準で判断することは、決してしません。

 

判断する軸は、つねにお客さま、そのご家族にあります。

 

 

後日、私はその業者さんに伝えました。

 

「あなたにとってゴミだと思うものでも、

他の誰かにとってとても大事なものはたくさんあります。

ですから、どんなものでも大事に取り扱ってください」

 

 

=========

 

また、別のお客さまとのこんなエピソードがあります。

 

あるお宅の庭の片隅に植えられた木々のうち、一本の木を

ご家族の方は「お大師さん」と呼び、

みんなで大切にしているものなのだそうです。

 

御神木のような立派な木だと見分けもつきやすいのですが、

それは周囲の木々との区別がつかない感じです。

 

なので、現場を出入りされる業者さんたちは、

その木をぞんざいに扱おうとしていました。

さらには工事の都合上、この場所に木があるとやりづらいからと

その木を移動させようとすら、考えていました。

 

「待ってください」

 

私は業者の方みなさんに伝えました。

 

「お客さんはこの木をとても大事にされています。

仕事がやりづらくても、なんとか工夫して、この木を大切に扱ってください」

 

ご家族の方にも、ご説明しました。

「お大師さんへは、影響がいかないよう現場全体が気をつけて

工事を進めていますので、どうかご安心ください」

 

私の話を聞いたお母さんがホッとした表情をされていました。

 

 

=========

新築・リフォーム等

お気軽に御相談ください。初回、対面は無料です。

■リフォーム
■リノベーション
■外構工事
■新築
■古民家改修
■講演・講座のご依頼

随時受付中

お問合せフォーム又はお電話下さい。

遠方のご家族様からのご依頼も多数です。

    は入力必須の項目です。


    お問い合わせ種類
    お名前
    電話番号
    メールアドレス
    お問い合わせ内容

    .

    なお、お客様とのエピソードは

    ご本人様のプライバシー考慮の為

    一部表現はあえて変更しています。

    ——————————————————————————-

    髙橋みえこ一級建築士事務所

    TEL:084-939-6162

    携帯070-6692-5531

    ■公式サイト https://takahashi-mieko.com/

    ■Blog https://takahashi-mieko.com/blog-list

    ■公式Facebook https://www.facebook.com/takahashi.mieko.kinoie/

    ■インスタグラム https://www.instagram.com/takahashi_mieko_kinoie/

    ■事務所〒7290111広島県福山市今津町1101-3(完全予約制)

    ■工事可能対応エリア

    広島県 岡山県 愛媛県

    ■休日

    日曜・祝日・木曜